Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一長一短

IMG_5820.jpg

お別れです。
前の「我が家」に住み始めた時に買いました。
7年近くの間に3度植え替え大きく育ちました。

引っ越しの時に、アジアンタムやら蘭やらは、
すべて手放しました。
しかし大きくなりすぎたこのパキラは、
なかなか引き取り手もなく、それと多少の愛着もあり、
一緒に徳島にやってきました。

9月は私の誕生日があり今年もまた主人の会社から鉢植えが。
毎年毎年、鉢植えが届くのはなんとか改善して頂きたい。
出来れば「切り花」がいいなぁ~。

IMG_5591.jpg

今年の「鉢植え」
昨年までは毎年シンビジュームだった。
今年は徳島に来たからなのか、変わった観葉植物になった。
どうにも私の好みではない。
昨年は確かに毎年毎年同じ花ばっかりで嫌になってくる、
と思っていたような気がする。
たまには違う花にしてほしいわ、とか。
しかしピンクの蘭の方がずっといい。
どうにもこの色取りが我慢ならない。
好みの問題だと思う。
主人は昨年のよりいいんちゃう?と言った。

第一、今の「我が家」は前よりずっとずっと狭い。
ハッキリ言って、植物がジャマで仕方がない。

とうとう昨日、おばちゃんに2つまとめて引き取ってもらった。
ありがとうございます。
今は、部屋がスッキリして清々しい気持ちです。

部屋は狭くなったけど、今の「我が家」は布団が干せる。
洗濯したバスタオルも使う時、お日様の匂いがする。
排気ガスで窓を開けておくと粘り気のあるススが入ってくる、
なんてこともない。
夜は静かで聞こえるのはパトカーや救急車のサイレンではなく、
カエルや虫の鳴き声くらいのもの。
雨上がりには、田んぼの稲の匂いが濃くなる。
今の暮らしは、四季を体感できる。

でも、駅は遠い。
スーパーも遠い。コーナンも遠い。コンビニも遠い。
部屋は狭く、荷物で溢れている。

「一長一短」

どっちがいいか?
答えに困ってしまう…。
とにかく今は、この生活を楽しむしかない。
選べる立場にはないのだから。



スポンサーサイト

携帯メール

IMG_5822.jpg

徳島に引っ越してくる前後、
毎日どころか朝に夕に母から電話が掛かって来ていた。
荷物の片付けは出来たのか?に始まり、
台風の時の避難場所は分かっているのか?など、など…。
忙しいので、しまいに腹が立ってきて、
「手伝いに来てくれる訳でもないのに、うるさい事ばっかり、
 電話して来んといて!」と、
とうとう、大きな声でケータイに向かって怒鳴った。

それ以来10日ほど電話が掛かって来なかった。
ちょっと言い過ぎたとは思ったけど、
まぁ、たまにはいいかぁ~って感じで放っておいた。

すると、ある日、母から、
「こんにちは。元気ですか?私は元気。」
というメールが届いた。
母にメールが送れるはずがない。
誰かに送ってもらったのかなぁ?と思いつつ、無視。
暫くして、今度は、
「メール届いた?」というメール。
仕方がないので電話をしてみると、
「ヘルパーさんに教えてもらって練習してん。
 もう今度からはメールにするわ。」と言う。
「今まで、ちょっとはメールも練習したらって、
 いくら言ってもあかんかったのに。
 必要に迫られたら出来るんやんかぁ。」
なんだか無性に腹が立ってきて、捨て台詞で電話を切った。

昨日、叔母のところに行くと、
叔母にも母から数回メールが来たと云う。

たまには冷たく突き放すっていうのも必要なのかも…。





「眉山」

眉山に登るロープウェイは、阿波踊り会館の中にある。
その阿波踊り会館の前にあったベンチ。
屋根が笠になっていることになかなか気付けなかった。
IMG_5605.jpg

これは人形がすべてお菓子で出来ているらしい。
IMG_5606.jpg

2つ繋がった形のゴンドラになっていて、好きな方に乗れる。
IMG_5613.jpg

IMG_5620.jpg

山頂は夏の間はビアガーデンになっているらしい。
ロープウェイではなく車でも登って来られる。
徳島市内が一望できる。

IMG_5629.jpg

IMG_5617.jpg

IMG_5618.jpg

次はハイキングコースを歩いて登りたいと思う。
友達に聞くと桜が綺麗らしい。
紅葉も綺麗なのかもしれないなぁ…。

IMG_5630-001.jpg



徳島ラーメン

徳島ラーメンも基本的には和歌山ラーメン同様、
とんこつ醤油がベースらしい。
麺好きの私は、徳島のラーメンと香川のうどんは、
四国に来た理由の1つと云っても過言ではない。

最初に食べた徳島ラーメンから順番に。

8月に住むところを探しに来た時に、
とりあえず徳島駅の近くで探して入った「麺王」
割とこってりした感じのとんこつ醤油で、
和歌山ラーメンとの大きな違いは、細麺。
麺は、博多っぽい。
チャーシューではなく甘く煮たバラ肉がのっているので、
スープも幾分甘い感じがする。
なるほど、これが徳島ラーメンなのかぁ~と。
ここは、まさしく駅前の味だと思う。
IMG_5412.jpg

ここからは、主人が会社の方に聞いてきた有名店を。

大阪にもお店を出すほどの有名店らしい「東大本店」
夜中に行ったにも関わらず待っている人が。
こってりしたとんこつ醤油ラーメン。
和歌山ではラーメン屋さんには、ゆで玉子がおいてある。
そして食べると支払の時に自己申告してお金を払う。
1つ50円くらいが大方。
徳島は生卵がおいてある。そして無料。
ラーメンに入れて食べるらしい。
味がまろやかになる。
それくらい濃い味ってことになる。
IMG_5796.jpg

次は「いのたに」ここもガイドブックにも載っている。
見た目は濃い色のスープなのに味はあっさり。
とんこつ感が少ない。
のっているお肉の感じも今までの徳島ラーメンと違う。
甘い感じはしない。
IMG_5604.jpg

「王王軒」ここは東大に近いこってり濃厚な味。
IMG_5650.jpg

「大孫」ここは濃い色のスープなのにあっさり味。
でもいのたにとは、また全然違った味。
ここまで来て、ちょっと徳島ラーメンの定義を見失った感。
IMG_5793.jpg

とりあえず5店。
まだまだ有名店もあるらしい。し、好みもある。
今のところ、私の中では、
2日続けてでも食べたいのは「王王軒」。
珍しく主人も同じ意見。




徳島には、

IMG_5564.jpg

徳島には、古くからの友人が1人と叔母が1人いる。

叔母と云っても、たぶん、私が生まれてから今までに、
会った事は、10回はないと思う。
物心ついた頃には、叔母は徳島に嫁いでいて、
昔は今よりも格段に交通の便が悪く、
叔母は、里帰りってものを、そう容易くは出来なかったと思う。
そして私も大人になり故郷を離れ、出会う機会はなく。
ただ、叔母は徳島でキャンプ場をしているので、
20代の頃に1度、阿波踊り観たさに友人3人と、
叔母のしているキャンプ場に泊まりに来たことがある。
その後、30代の頃、私が母と2人で故郷で暮らしていた頃に、
もう1度、出会ったことがあると思う。
それが、私の記憶にある叔母のすべて。

その叔母から、9月3日の朝、電話が掛かってきた。
たぶん、母からよろしくと頼まれていたのだと思う。
引っ越してきて3日目だったので、
家の中は、まだ足の踏み場もない状態。
なので、もう少し片付いてから、
こちらからご挨拶にお伺いします。と言ったら、
叔母は、手伝うために電話をしたのだから、と言う。
でも、もう母が83才なのだから叔母もいい年になってるはず。
荷物の片付けを手伝ってもらうのは、いくらなんでも…。
と色々考えている私にはおかまいなしで叔母は、
30分後にうちの近くのスーパーの駐車場に行くと言う。

とりあえず身支度をしてスーパーに向かいながら、
私は、20年近く会っていない叔母が判るのかどうか?
叔母も私が判るのかどうか?
不安な気持ちを抱えつつ駐車場に着くと、
その日は雨が結構降っていたし、9時半という時間もあり、
停まっている車も少ない。
すぐに判った。
車の運転席に母と瓜二つの顔が。
驚いた!
昔は、母と叔母はあまり似ていなかった。
ところが、今、何年か前の母が目の前に現れたよう。
叔母に聞くと、母と叔母は14才、年が離れていると云う。
叔母は69才。
なるほど、まだまだ荷物の片付けもできるくらい若い。
そんなに年が離れていたとは知らなかった。

60代の頃の母に出逢ったような変な気分と、
でも、母とそっくりなので、
会う前に考えていた気まずさや遠慮はまったくなくなった。
ただ、母と決定的に違うのは、叔母はすごくせっかちだった。
私もせっかちな方だけど叔母は、もっと、ずっと、せっかちで、
見た目が母とそっくりなのに中身があまりにも違う叔母に、
もう1度、驚かされた。

会う前は、身内とは云え、ほとんど付き合いのない叔母は、
少々、困ったなぁ~って感じだったけど、
母にそっくりの叔母は今は頼もしい限りだ。

イトコにその話をすると、
もう1人いる叔母もそっくりなので、瓜三つだと笑った。



天高く、

新しい我が家。
後ろに見えるのが「眉山」。
IMG_5809.jpg

昨夜、寝るときは少し蒸し暑かったと思う。
それが今朝起きてみると、急に秋がやってきていた。

あまりにも爽やかな秋空に誘われて、
自転車に乗ってウロウロ。

とりあえず、免許証の住所変更に警察へ。
その帰り道、高架になっている道路を走っていて、
ふと下を見ると、真っ直ぐにのびる線路が。

IMG_5802.jpg

そこに、ちょうど電車がやって来た。

IMG_5805.jpg

IMG_5806.jpg

1両編成なので、どうもバスっぽい。

IMG_2656e.jpg

1度、家に帰り今度は、吉野川の方向にお散歩。
堤防越しに見える空が、青い。
堤防の上の道路は、歩くのも自転車も危ない。
道幅が狭く、車がビュンビュン走っている。
なんとか、河川敷側に渡ると、そこはゴルフ場。
今日はゴルフ場はお休みらしい。
とにかく河川敷と云っても、ゴルフ場があるくらいなので、
とんでもなく広い。
川の近くまで行くのは諦めた。
吉野川は、とんでもなく大きいみたい。

IMG_2668e.jpg

IMG_2676e.jpg

堤防の上の道路脇から撮った、眉山の全景。

IMG_2678-001.jpg

うちに帰って来たら、もう夕暮れどき。

IMG_2700e.jpg




仮面ライダー

IMG_5800.jpg

主人は、たぶん今が徳島で暮らす2年半の中で1番ヒマだと思う。
工事が進むにつれ忙しくなってくるはず。

和歌山から引っ越してくる際に、
まだ箱を開けていないガンダムのプラモデルと、
それを作るための道具のすべてを小学5年生の甥にあげた。
「まだ、ちょっと難しいかも知れへんけどなぁ。」
なんて言いながら、嬉しそうな顔をして。

なので、もう、プラモデル作りは卒業するのかと思いきや、
今度は、仮面ライダーって、どういうこと?
また、ハサミやらヤスリやら道具も買って。

これは藤岡弘さんのやってた1号だと言った。
そんなことは私にも判る。
私だってリアルタイムで見ていた世代。
そんなことよりも私が心配しているのは、
何号まで作るつもりなのか?
そして、また開けていない箱を押し入れに積んでいって、
そのうち仕事が忙しくなって熱が冷めて…、
次に引っ越すときには、結構嵩張るその箱は、
いったいどうなるのか?

嫌な予感がする今日この頃。




十六夜

IMG_2493-001.jpg

これは「14番目の月」
夜中に目が覚めると、窓の外に大きな青い光。

IMG_5667.jpg

ガラス越しのお月様は、光が増幅されるようで眩しい。

あぁ~、そうかぁ~、今日は満月なんやぁ…。
と思い、カメラを持ってきてパチリ。
朝になり、テレビをみていると、
どうも今日が満月みたい…「中秋の名月」らしい。
なのに、その日は、それっきりお月様の事は忘れた。
うっかりした…まぁ、でも、どっちみち写真は無理。
だって「14番目の月」が、この感じでは…。

そして昨日。
徳島新聞の1面に吉野川越しに観えるお月様が載っていた。
写真はうまく撮れなくても、
無性に、私も吉野川越しのお月様が観たくなった。

午後10時、主人が帰宅。
晩御飯もそこそこに、吉野川に行くことにした。
吉野川は、うちから結構近い。
2人で自転車を漕いで堤防の上の道路に出ると、
お月様は、遥か上空で、あんまり大きく観えない。

主人「もう、いいやろ、気が済んだやろ。」
私「えぇ~、わかってたん?」
主人「まぁな…。」
私「明け方になったら、大きなお月さん観えるんちゃう?」
主人「かもな…でも、ひとりで観に行ってな。」

寝る前に1時間近く自転車を漕いだおかげで、
久しぶりに熟睡できた。
なので、明け方に月明かりで目が覚めることもなかった。

IMG_5680.jpg

今日も、快晴。
今夜の「立待月」も、きっと綺麗にみえるはず。



引っ越し② クレーン

IMG_5510.jpg

クレーンが大小2つになって以来、
ある日、仕事から帰って来たら、
1つなくなってるんじゃないかとずっと心配してたけど、
実際は、そんな簡単なもんじゃなかったようで、
のべ2日ほど掛かって、大きい方を撤去した。

IMG_5512.jpg

IMG_5522.jpg

少しずつ、少しずつ、慎重に、丁寧に。

IMG_5528.jpg

このガスタンクも見納めだと思うと、ビミョーに寂しいかも。

IMG_5534.jpg

IMG_5537.jpg

ここまでで、おしまい。
ビルが完成するのは年末。
完成まで見届けられなかったのは残念かなぁ…?
いや…そうでもないなぁ…。
べつにこのビルに何の思い入れもないし…。
じゃあ、ガスタンクには思い入れがあるのかな?
別にないなぁ…。

きっと、ガスタンクの方が好きなんだと思う。
ただ、それだけ。




引っ越し①

IMG_5504.jpg

ほんとうは、次の引っ越しの時の為にも、
引っ越しの前後を、事細かくブログに記録しておくつもりだった。
なのに、思っていたよりも、ずっと、ずっと、忙しくて、
おまけに引っ越してすぐにはインターネットは繋がらず、
今となっては、何もかもが終わった感があるので、
書くのは、なかなか面倒な気もするけど、
まぁ、考えてみたら、毎日ヒマなので、
少し記録を残しておくことにしようと思う。
でないと、また、2年半後にえらい目に遭いそうなので…。

主人に引っ越して以来、幾度となく言われているのが、
「次は、必ず、ラクラクパックにするように。」
そして、これは私も、肝に銘じておこうと、今は思っている。
ただ、2年も経つと忘れそうで怖い。
なので、ここに書いておく。
忘れっぽい私にはブログは、ほんとうにありがたい。

ラクラクパックにしなかったのは、
どっちみち業者の方が荷造りをしてくれる間、
私が見ていないといけないというので、
そんなんだったら自分でする方がずっと早いわ、
と思ってしまった。
そう、私は自分の力を過信していたみたい…。
今まで何度も引っ越しているのだから、何てことはない、と。

ところが、今年の夏は尋常ではない暑さで、体力を失い、
引っ越しの前日まで仕事に行っていたので、精神的にも疲れ果て、
おまけに、よくよく考えてみると私は空間認知能力が低く、
ダンボール箱の中にうまく荷物を納められない。
無駄に隙間がある。

そして、とうとう、8月30日、引っ越しの前日。
最後の仕事を終え、職場の友人と最後のランチをし、
帰宅してからも、次々と電話が鳴り、
荷造りを再開する頃には、とっぷりと陽も落ちていた。
暫くして、主人が午後9時過ぎに着くフェリーで帰って来た。

まだまだ残っている荷物をみて、呆れる主人。

とりあえず、お腹がすいたので晩御飯。
すると、もう、私は、1歩も動けなくなってしまった。
ご飯を食べ終えた瞬間に疲れがピークに達したようで…。

就寝。

翌朝、目覚めると、大方、片付いている。
午前4時まで、ひとりで荷造りをしたと云う主人。
「すごいなぁ~。」と言うと、
「他に言う事あるやろ?」と言う。
仕方がない。
「ありがとうございました、ご主人様。」




やっと。

IMG_5662.jpg

とうとう昨日、インターネットの工事に来てくれた。
こんなに時間が掛かるとは夢にも思っていなかった。

無知!

痛感した。
自分の生活に密接に関わる事柄については、
もっと、ちゃんと知識を得る努力をしなくてはいけない。
まぁ、なんとかなるやろって云うのは、ない。
知らないと損をすることはないかもしれないけど、
知ってた方が得をすることは絶対にあると思う。

それにしても、選択肢のたくさんある今の世の中は、
私のような面倒くさがりな性格には、非常に生きにくい。


新しい住まいのそばには、高校がある。
グラウンドの向こうに沈んでいく夕陽が窓から見える。
そしてクラブ活動に励む高校生の声も響く。

新しい窓からの景色は、今までとは全く違う。
音やら、匂いやら、いろんなものから季節を感じられる。




Appendix

Recent Trackbacks

Profile

テラちゃん0910

暮らしはじめて数か月
まだまだ愛着の湧かない
我が家。

Extra

プロフィール

テラちゃん0910

Author:テラちゃん0910
暮らしはじめて数か月
まだまだ愛着の湧かない
我が家。

最新記事

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。