Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS Kiss X5

IMG_1696.jpg

昨日、やっと、待望の、
一眼レフのカメラを手に入れた。

買って帰ってきたら、
私よりも主人がすっかり喜んでいた。
「いいなぁ~。いいなぁ~。」を、連発。

だから、写真を撮ってあげました。

ヤマダ電機さんで、購入した。
うちは、だいたいヤマダ電機さんで、
家電を購入することが、多い。

別に、これと言った理由はないが、
あえて言うと、
今のところに引っ越してくる前、
家のすぐそばがヤマダ電機さんだった。

行く前に、価格.comをみていたので、
高いなぁ~。とは、思ったけれども、
今すぐ、持って帰れるのは魅力的。

でも、高いなぁ~。

すると、
背の高い若い男性の店員さんが、近付いてきた。

そんなに愛想がいいわけでもなく、
すごくイケメンでもなく…。
そして、すごく安くしてくれる訳でもなく。

なので、私は、
(やっぱり、ちょっと時間掛かるけどネットで買おうかな。)
と、思ったので、
「また、考えてきます。」と、言って、
その場を、立ち去ろうとした。

すると、店員さんが
何か書き込んだカードを、渡してくれた。

見ると、近くにある家電量販店様よりも、
高かった場合、必ず安くさせて頂きますので、
よろしくお願いします。と、書いてあった。

その言葉自体は、なんてことはない。
ただ、その文字は、あまりにも可笑しかった。

ちょっと、ありえないようなヘタクソな文字!

で、よくみると、その店員さんの
胸につけている名札にも、同じ文字で、
「笑顔をモットーに頑張ります。」
みたいな感じの事が書いてある。
この字で、名札に言葉を書く勇気!
そして、お客様にカードを書いて渡す勇気!

すごい! 私の壺にハマった。

きゅうに、すごくかわいい店員さんに見えてきた。

で、買った。

もちろん、価格.comに、
限りなく歩み寄って頂いた。

ありがとうございました。













スポンサーサイト

洗濯物に…。

IMG_1647.jpg

土曜日のお昼、
カメラ教室から帰ってきて、
洗濯物を取り入れようと、ベランダにでたら。

信じられない!!
ここは、11階。
なんで、こんなところにバッタが…。

大きな声で、「ギャ~!!」と、
叫んだもので、慌てて主人がベランダへ。

主人は、見るなり、
「仮面ライダーや!」と、嬉しそう。

IMG_1650.jpg

なんて、でっかいバッタ!

と、思ったのに、
主人は、まだ子供だと言いました。
(ほんまかなぁ~?)

私も、子供の頃は平気だったはずなのに、
なんで大人になると恐いのか…。

考えてみると、長く生きるにつれて、
恐いものって増える一方の様な。

子供の頃は、ほとんど恐いものってなかったかも…。

あえて云うと、私は、暗闇が怖かった。

私の子供の頃は、今と比べて、
とても停電が多かった。
(たぶん、山の中のせいもある。)

台風のたびに停電になった。
山の中の、雨の夜の停電。

漆黒の闇。

今、思い出しても、悍ましい。

そして、今は、このバッタが悍ましい。

IMG_1651.jpg

この写真は、嬉しそうに主人が撮った写真。

大きくして見るとわかるのですが、
主人曰く、
「なっ、なっ、正面から見たら、
   仮面ライダーそのものやろ!」だそうです。





        





HUNTER×HUNTER

IMG_1601.jpg

マスターキートンと同じように、
「HUNTER×HUNTER]も、
総集編というのが、
このところ毎月1冊づつ出ている。

もう、5冊目になる。
これは、何冊まで出るのか?

私には、わからない。
これは主人がコンビニで買ってくる。

私も一時ジャンプの連載ではまって
読んでいたので、楽しみにはしている。

ただ、この5冊、まだ1冊も読んでいない。

理由は、貯めていっきに読むため。

ストーリーも、おもしろいけれど、
画が好き。と、いうのも大きい。

なんか、背景が少なくて、
全体的に線が少ない気がする。
あっさりした感じ?
描きこんでいない感じがいい。

と、私が言うと主人は、そんな事はない。
普通や。と、言う。

だから、私だけの感想。







陶器市

先生の主催されている陶芸市に行ってきました。

ぶらくり丁商店街は、ちょくちょく行くのですが、
土、日でも、沢山の人出をみかける事は、
珍しい今日この頃です。
久々に、人波を見ました。嬉しくなります。

IMG_1594.jpg

陶芸体験(マグカップ作り)を、予約していました。
ワンコインでした。すごい。

いつもの教室では、ろくろを使っているのですが、
この日のマグカップ作りは、全然違う方法でした。

P1000127.jpg

板状になった土を、ダンボールの輪ッカの廻りに
巻きつけて、その後、底を着けていくという工程です。

P1000125.jpg

けっこう、かわいく作れたような…。
出来上がりが楽しみです。

上の写真2枚、ケータイで撮りました。
またまた、カメラ忘れました。

その後、陶器市のほうで見つけた
かわいい花の絵のマグカップと浅い鉢を購入しました。

IMG_1588.jpg

いつか自分でも、作れるようになりたい。
なんて、あつかましい事は思いません。

なれる訳ありません。当たり前です。
私は、プロを目指している訳じゃないのですから。

とにかく、今、楽しい。
それで、じゅうぶん。満足。

不思議なことに、
子供の頃、粘土細工には、
あんまり興味が湧かなかったけど、
今は土に触っている事がすごく気持ちいい。













クンシラン(君子蘭)
IMG_1421.jpg

マンションの玄関で、毎年綺麗に咲いている
この花の写真を、すこし前に撮っていたのですが、
今日、知らない方のブログをたまたま拝見していたら、
同じ花の写真がのっていて、名前が判明しました。

前から、なんて云う花なのかなぁ?と…。

なんか、すごい!

ありがとうございます。と、コメントを
しようかどうか思案中です。



さて、夢の話です。

ここのところ、立て続けに(昨夜も)、
小学校の同級生とか、
中学校の時の先輩とか、
先生とか、
昔、近所に住んでた人とかが、
夢にでてきます。

そして、夢の中では、昔の思い出とかではなく、
とんでもなく非現実的な事をしています。

たとえば、昔、近所に住んでいたおっちゃんと、
火星に行く宇宙船の中にいるとか…。
そして、おっちゃんが私に、
「ヨモギ餅、食わんか?」
と、おもちを差し出して、
私は、
「いらん。」の、ひと言。
で、あとは無視。
(確かに、昔、私は、そんな子供だった気がするけど…。)

こんな感じのすべて、後味の悪い夢。

なんで??

なんか理由でも、あるのかと考えたりも…。
良くない事の前兆とか?
それとも、逆に宝くじ買いなさいという暗示?

最近になって、急に花粉症かなぁ~?
って、感じで鼻と目の調子が悪いので、
そのせいかも?

とか、いろいろ考えるだけ無駄。

なので、楽しむことにします。

今日は、誰が出てくるのかなぁ~?







わぁ~と! 手づくり市場

IMG_1543.jpg

定期的に駅前で、開かれてる市場です。
たまに、のぞきに行きます。
今日は、久々に苔玉を買いたくて行きました。

鉢植えや、陶器や、木工や、その他いろいろ…。

で、苔玉を2コ購入いたしました。
IMG_1577.jpg

先日の、陶芸教室で作った鉢にピッタリ!

それから、ぐるっとひと回りして、
いろんなお店を、みせていただきました。

そして、買ったのがこれです。
IMG_1562.jpg

ユーカリのドライフラワー2コ。
なんと、1コ50円。
虫よけにもなるという事。
すこし強い香りがします。
なによりも、色が気にいりました。

思い切って、お店の方に、
「写真を撮らせていただけませんか?」
と、言いました。
お店の方はすぐに、
「ブログされてるんですか?」
と、いってくれました。
(よかった~。ほっとした。)

はじめて、写真をお願いしました。
今まで、勇気がありませんでした。

かわいいお店です。
IMG_1539.jpg

IMG_1538-001.jpg


どこに飾るべきか…。
いろいろ、やってみました。

IMG_1566.jpg

どうも、バランスがよくない感じ。

花器にいれるには、英字新聞の包装紙から出して、
もう少しだけ丈を短くしたほうがいいかも…。
(でも、ほんまにいい感じになるか自信ないなぁ~。)

IMG_1574.jpg

包装紙も、すごくいい感じなんで、
とりあえず今日のところは1コだけ、
玄関のインターホンの下へ。














苔玉の鉢

IMG_1529.jpg

なかなか、かわいく出来あがりました。

洋服や、家具や、その他いろいろな雑貨等、
あんまり青いものって好きじゃないのですが、
陶器の青は、好きな青です。

IMG_1534.jpg
これは、30年くらい前に買って、
今も使い続けてる青い花器です。
けっこう、花が映えます。




タケノコ②

IMG_1528.jpg

立派なタケノコ、ゲット!

今日、陶芸教室に行こうと、
駅のほうに向かって歩いていると、
家の前に机を出して、
タケノコを並べている方がいた。

見ると、「1コ300円」と、
書いた紙が横にある。

「このタケノコ売ってるんですか?」
と、聞くと
「今、掘ってきたところなんで、
 柔らかくて美味しいですよ。」との事。

聞くと、このシーズンになると、
毎年、並べて売るので、
知ってる方は、すぐに買いに来るので、
あっという間に売れるそうです。

私が通りかかった時は、
ちょうど今から並べるところで、
1コしか出てなかったので、
すごくラッキーでした。

遠くまで買いに行かなくても、
こんな近所に毎年売ってるところが
あったなんて…。
おまけに、すごく安い。
昨日、スーパーでみたら、
これくらいのサイズで600円くらいしていた。

昨日も、よっぽど買おうかと思ったけど、
もったいないからやめた。

やっぱり、ここもヌカをつけてくれた。
(スーパーじゃ、ヌカもついてないし…。)

この前は、少々茹で足りなかった。

タケノコは、シャキシャキ感が命!
と思っていたら、固すぎた。

今日こそは、頑張るぞー!!





造幣局の桜②

昨日は、どういう訳かブログに写真を、
なかなか挿入できなかったので、
沢山の種類の桜の写真を撮ったので、
もうすこしだけ…。

IMG_1448.jpg

今年の花「小手毬」
IMG_1459.jpg

IMG_1464.jpg

IMG_1472.jpg

IMG_1474.jpg

半分くらいまで歩いたところで、
「なんか、もう、さくら…
   …お腹いっぱいって感じやなぁ…。」

堪能いたしました。
でも、まだまだ…。

IMG_1476.jpg

IMG_1482.jpg

IMG_1494.jpg

IMG_1498.jpg

駅までの帰り道、
「次は、また、10年後か20年後にしようか。」

「そやな、その方がまた、感動できるで…。」

「とりあえず、どっかで、おいしいコーヒー飲もう。」

IMG_1512.jpg

















造幣局の桜

午前中は、ツタンカーメン展で人に酔い、
午後は、造幣局で桜に酔いました。

IMG_1436.jpg

今日が初日という事だったので、
ついでに行くことにしたのですが、
クタクタになりました。

IMG_1438.jpg

20数年ぶりに行きました。

圧巻です。

和歌山城の桜とか、吉野の桜とか、
他のどこの桜とも違います。
個性的で豪華な色とりどりの桜。

桜に酔います。溺れます。

IMG_1478.jpg

続きは、明日。










ツタンカーメン展

IMG_1515.jpg

このポスターの写真は、
カノポスという内臓を入れる容器です。

前売り券を随分前に買ってたのに、
やっと今日、行くことができた。

すごく、楽しみにしていた。

テレビでも、エジプトの特集番組が
たまにあると必ず録画してみる。
と云うくらいの、好きさ加減です。

そして半年ぶりに会う友人との、おしゃべり。
(まぁ、電話では長話をちょくちょくしてるけど…。)

IMG_1522.jpg

近くで見ると、ひとつひとつの物が
すべて、すばらしい装飾で、ため息がでた。

それにしても、
午前10時開場だったので、
10時すこし前に行ったのに、
入場30分待ちだった。
平日に、この人出、すごい!
見終わったら正午過ぎになっていた。
人混みは、久々だったので人に酔った。

IMG_1429.jpg

タケノコ

IMG_1427.jpg

皮のついた状態で写真を撮ろうと
思っていたのに、忘れた。
あちゃ~!
思いだした時は、もう、こうなってた。

わが家では、初物のタケノコです。

昨日、「さくらの里」という、
道の駅にいったら、筍にヌカがついて売っていた。

今まで、筍を買ったことがなかったけれど、
(買うものと、思っていなかった。)
主人も私も無類の筍好きなので、
おもいきって買ってみた。

去年までは、実家から、
茹でた状態でもらってきてたので…。

6年前まで、勤めてた会社には、
タケノコ山があったので、掘りに行って、
沢山もらってかえっていたので、
その頃は自分でも、茹でていたはずなのに、
6年経つとスッカリ忘れた。

仕方がないので、とりあえず、
レジの女性に聞いてみた。

まず、迷ったのは、皮がついたまま
茹でるのだった様な記憶が…。
しかし、さだかじゃない。

店員さん曰く、
「皮は剥いて沸騰したお湯に、
 ヌカと筍をいれて串が通れば大丈夫です。」

と、隣で聞いていた店員さんが、
「水からいれると思うけど。」

え~ぇ。どっち?

「どっちでも、いいと思います。」との事。

最終的には、母に電話して聞いた。
母は、やっぱり、
皮ごと茹でた方がおいしいと、言った。
でも、大きなお鍋なかったら、剥いたらいいって。

ちなみに、ほんとうは「さくらの里」には
パンを買いに行った。
ここのパンが好きで、時々買いに行きます。
午前10時過ぎくらいと午後2時過ぎくらいに、
パン屋さんが持ってくる。
早く行って待ってないと、すぐになくなる。

フランスパン生地のクリームパンと、
角切りのチーズの入ったフランスパンがおいしい。

痩せたい気持ちと、
おいしいものを食べたい気持ち。
春は、おいしいものを食べたい気持ちの勝利。








ぐい呑み

IMG_1426.jpg

先日、岡登志夫さんという方の作陶展に
行き、購入いたしました。

陶芸教室に通いはじめてからと云うもの、
がぜん、焼き物に興味がでてきました。

写真では、うまく撮れていませんが、
すごく色がキレイで気にいりました。
ほんとうは、もっと大きな鉢が、
欲しかったのですが、
ちょっと手が、でませんでした。

燗酒を、主人と2人で、とはいきません。
主人は下戸です。
友人が来るのを、待ってます。






肩こり

IMG_1398.jpg



4月に入って急に、
最近あんまり働いてなかったのに、
すごく忙しくなり、5年ぶりに
シャカリキに働いた。

ら、

びっくりするくらい肩が凝った。

ん?

しまいに吐き気がしてきた。

で、

背中から腕まで痺れてきた。

なさけない…。
もう、人並みに働くのは無理なのかと。

仕方がないので、
お医者さんに行こうと思ってたら、

友達が、
「接骨院に行ったらいいよ。」
と、教えてくれたので行ってみた。

前に首を寝違えた時に行ったことが
あったけれど、その時はすぐに直った。

接骨院って、すごい!
と、思ってたけれど肩こりでも、
行くってことには思いつかなかった。
どうも、応用力というものが欠落している。

今回も、1度で随分よくなった。
(来週、もう一回行ってみよう。)

「右の肩だけが、すごく凝ってるんです。」
って、先生に言ったら、
「両方、凝ってますが、人間は
 どっか1つ、すごく痛いところがあると、
 他の痛いところがわからなくなるんです。」

優しく、分かりやすく、説明してくれた。

最近の私は、あるいは去年くらいから?
すごくいろんな事を、
学んでいるような気がする。
(ちょっと、大袈裟かなぁ~?)

と云うか、今まであまりにも、
何も知らなさ過ぎたのかも、知れない。
(夕日の沈む位置とか、いろいろ…。)
いや、興味がなかったのかも知れない。

なんか、これから先が、すごく楽しみ!
(やっぱり、そう考えたら、今が1番かなぁ。)

50才を目前にして、
すこしだけ、人生の舵を左右どっちかに
切ったかもしれない。

うん。
かも、かもにしておこう。
なんでも、言いきってしまうのは、
もう、やめよう。

白黒はっきりさせたい性格は、直そう。
グレーがいい。
グレーがかっこいい気がしてきた。












今年の桜

毎年、必ずどこかに桜を見に行く事にしている。
そして、今年も元気で、桜を見られたことに感謝する。

わが家のメインイベント。
できれば遠出をしたいけれど、
すべては、主人の仕事の都合にかかっている。

で、今年は和歌山城。
仕方がない…。ため息がでる…。
「貧乏ひまなし。」という言葉が思い浮かんだ。

けど、主人に発表するのはやめた。
あまりの忙しさに、またすっかり痩せた顔を
みたら、さすがに言えなくなった。
先日、母が久しぶりに主人の顔を見て、
後でこっそり私に、
「どっか、悪いんちゃうか?
 1回、病院へ連れて行った方がいいで。」
と、いうくらい、ひどく痩せた。

そういう訳で、今年は和歌山城。
(あ~ぁ、姫路城が良かったのになぁ~。)

門を入ってすぐの、しだれ桜
IMG_1356.jpg

濃いピンクがカワイイな。
IMG_1359.jpg

うっすら夕日があたる桜
IMG_1362.jpg

これは、ソメイヨシノかな?
IMG_1363.jpg

下から見た屋根の先っちょ。
IMG_1372.jpg

坂道を下るカップルがいい感じ。
IMG_1381-001.jpg



IMG_1384-001.jpg


山吹もきれい。
IMG_1389.jpg

和歌山城も結構いい感じでした。
「灯台下暗し。」ってことでした。







窓から見える桜
IMG_1354-001.jpg
これは、満開の少し前に撮った写真です。
2.3日前が満開だったと思うのですが、
すっかり写真を撮るのを忘れてました。
でも、桜の下までいって、
いつもの様に、飽きるまで眺めました。
肝心な時カメラを持っていないのは、なぜ…?

そして、今日
IMG_1395-004.jpg
これは、数時間前の激しい雨の時です。
地面が綺麗なピンク色に染まりました。

そして、今
IMG_1396.jpg
無残な姿に、なってしまいました。
今年の桜は、これでおしまい。
ありがとうございました。
また、来年よろしくお願いします。




夕日

昨日の夕日
IMG_1334.jpg

今日の夕日
IMG_1350.jpg


デジカメ教室に通う前は、
窓の外の風景にまったく興味がなかった。
先生に自分の身のまわりの写真を、
まず、撮るのがいいって教えてもらってから、
とりあえず、窓から見える夕日を、
よく撮ってみるようになった。

上手に撮れるようになった気はしないけれども、
すごいことに気がついた。

夕日の沈む位置がどんどん右によってきている。
毎日、同じ位置で写真を撮ってないのが残念。

窓から見えるところに、
大阪ガスの丸い大きなタンクが2つある。
そのタンクよりずっと左に夕日が沈んで
いたのが、日が長くなるにつれて、
右によってきた。
とうとう、タンクよりも右になった。

これって、どういう事なのか?
いまいち、理解できない。
太陽は西に沈む。
と、いうことは……。

うちの部屋は南西に窓があるから、
左は、南ってことになるから、
日が短い間は、南西に沈んで、
日が長くなるにつれて、北西に沈む???
じゃあ、西に沈むのはいつ???

なんか、ややこしくて、わからない。
第一、いつまで右にいくのか?

とにかく、この事に気づいてからは、
毎日、夕日から目が離せない。
1年間、見続けたらわかるはず…。




ウチョウランの鉢

IMG_1328.jpg

ウチョウランの為に作った鉢が出来上がった。
でも、この前、植え替えたところなので、
もう少し、大きくなってから植えるつもり。

せっかちな性格なので、
鉢を作ってるのを、わかってるのに、
それを、待つことができずに植え替えた。



IMG_1344-001.jpg

アジアンタム②

3月24日のアジアンタム
IMG_1226.jpg

3月27日のアジアンタム
IMG_1248.jpg

今日のアジアンタム
IMG_1309.jpg

日に日に大きくなっていく。
すごい生命力。
ふと、気になった。
アジアンタムの寿命は、どれくらいなのか?



ついでにウチョウラン
IMG_1312.jpg

球根は、4コあったのに、2コしか芽が出なかった。
でも、よかった~。
今年も綺麗な花が見られそう…。



もうひとつ、ついでに
IMG_1308.jpg

今日の夕焼け。
ひどいお天気だったのに、
きれいなピンク色に染まった雲。



100歳の夢

IMG_1306.jpg

「ハードカバーの本は、買わない。」
と、決めて久しい。
(座右の銘に、しようかな?と、思うくらい。)

欲しい本を、欲しいだけ買うと大変な事になる。

①まずは、お金。
②それから、場所。
③そして、引っ越しの多さ。
④しまいに、買っただけで読まない本。
  (買うことに、満足してしまう。)

そんなこんなで、長年、努力してきた。
でも、どうしても欲しくて買った本。
それが、「100歳の夢」
だって、120まで生きないといけないので。

ただ、この本の中で、
100歳まで長生きされてる方々に聞くと、
だいたい長生きをしたいと思って
生きてきた方というのは、いらっしゃらないみたいで…。
みんな、「元気に暮らしたい」と、
思って暮らしてきたということ。

「100年は1日の延長」だそうです。

そう考えると、わたしのような、
欲深い者は、どうなんでしょうか??

ちょっと、疑問は感じますが、
とにかく、この本を昨日、手放した。

母にも、100歳まで夢を持って、
生きてほしいと思い、持って行った。
弟が、先日、電話をしてきて、
「やっぱり、ちょっと、おかあちゃん、
  呆けてきてるかも、わからんわ。」
なんて、いうもので…。

が、母は、まったく興味を示さず。

一緒に持って行った「ビッグコミックオリジナル」
の方が、よかったみたい。

本は、好みの問題なので仕方ない。
80才も過ぎた母には、必要ない本なのかも?
(次回、行った時に返してもらおうかなぁ~。)


昨日、母と一緒に、母の1番下の妹、
私からすると叔母の家へ行った。
母と、叔母は18才、年が違う。
しかし、さすが姉妹!
ふたりとも、チョー楽天的性格!

いろいろ、しゃべっていると、
母は誕生日が、こどもの日。
叔母は、節分。
そして、叔父はクリスマスイブ。
って、話がでてきた。
チョーめでたい兄弟!

なんか、わかれへんけど、納得した。














Appendix

Recent Trackbacks

Profile

テラちゃん0910

暮らしはじめて数か月
まだまだ愛着の湧かない
我が家。

Extra

プロフィール

テラちゃん0910

Author:テラちゃん0910
暮らしはじめて数か月
まだまだ愛着の湧かない
我が家。

最新記事

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。